Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

クリエイターズ TOPへ戻る

K,Kanehira さん
インタビュー

誰もがそこに行ってみたいと感じる、壮大で幻想的な風景。
アニメやゲームの背景美術で有名な制作会社「草薙」を経て、現在フリーのイラストレーターとして活動する K,Kanehira さんに、自身の生い立ち、会社員時代、フリーのイラストレーターとしての活動についてお話をお聞きしました。
これからイラストレーターを目指す方は必見です!

K,Kanehira

K,Kanehira

アニメ・ゲーム等の美術デザインや書籍イラスト等を手がける。即売会やアートイベントにもよく出没します。近代建築や生活美の感じられる街並みやツチノコが好きです。
Webサイト:futuristic impression
TwitterID:K_Kanehira
pixivID:158395

  • K,Kanehiraさん:作品
  • K,Kanehiraさん:作品
  • K,Kanehiraさん:作品
  • K,Kanehiraさん:作品

恐るべき進化! K,Kanehira さんはどう画力を身につけたのでしょうか!?

才能があったわけじゃない。
沢山絵を描いて、描けるようになった。

ーーまず K,Kanehira さんの生い立ちなどをお聞きしたいと思います。すごく緻密で壮大な絵を描かれますが、昔から絵は得意だったんでしょうか。

絵を描くことは好きでしたが、得意ではありませんでした。美術部に入っていたわけでもないし、高校の時の選択授業なんて美術ではなく音楽でしたから(笑)。高校の時に描いていたイラストがコレで、こういう細かい絵を描きたくなる病が年に1回くらいあったくらいで、ずっと描き続けていたわけではないですね。色塗りも苦手でしたし。

K,Kanehira:作品1

ーーちょっと意外です。中高生くらいからガンガン描きまくっていたのかと思いました。

きっちり絵を仕上げるようになったのは19、20歳の頃ですね。その頃ゲームを作りたいと思ってプログラム系の専門学校に行っていました。その当時の絵がこれですね。

K,Kanehira:作品2

ーーK,Kanehira さんと言えば風景画というイメージですが、この頃はキャラクター絵なんですね。

最初はキャラクターの方が多かったですね。上手い下手は置いておき(笑)。その頃スキャナを買いまして、自分のキャラクター線画を取り込んで Windows の Paint で色を塗ってました。絵の具とか使わなくてもパソコンで色を塗れるんだな。と思ったのが最初ですね。その後に学校で Photoshop を学んで、それで今でもずっと Photoshop を使ってます。

ーーしかし、こう言っては失礼ですが…、率直な感想としてこの頃のイラスト、あまり上手くないですね…。

そうですね(笑)。見られるものを描けるようになるまでの時間は、人より長かったかもしれません。早く上手くなれるような吸収力や才能は無かったと思います。その分沢山描いて描けるようになった感じです。今の若い作家さん、中学、高校くらいから上手い方もたくさんいらっしゃいますよね。見てると「すごい」って思いますよ。

ーーこの進化を見ると、自分もこうなれるんじゃないかと希望が持てる気がしますが、どうやってここまで上手くなったんですか? 絵がうまくなるために必要なことってどんなことでしょう。

会社で好きなものもそうでないものも沢山描いたからでしょうか。人の何倍も描いてようやく描けるようになりました。
ただ、間違った方向で沢山描いてもダメなんです。僕は13年間会社に居たんですが、会社だとダメな場合指摘してくれるので、ある程度正しい方向の技術が身に付いたと思います。周りからのアドバイスを聞いたり、あとは自分の弱点を意識して沢山描くことが大事ですね。

美術設定は、アニメの世界を形作れる面白い仕事。
決して楽なものではないが、興味があればトライしてみて欲しい。

ーーK,Kanehira さんは今お話に出たようにアニメの背景などで有名な「草薙(※)」に居られたようですが、学校を卒業してすぐ入社したのでしょうか。

いえ、すぐにではないです。20社くらい受けたんですが就職活動が上手くいかなくて、専門学校を出てから半年くらいアルバイトしてました。その頃ちょうど草薙が「美術設定」のスタッフを募集していたんですよ。美術設定がどんな仕事なのかは全く知りませんでしたが、仕事内容にアニメやゲームの線画を描く仕事とあって、やってみたい。と思って応募したら受かったんです。
後で聞いた話ですが、結構長く美術設定を探していたみたいで、タイミングが良かったみたいです。完全未経験の状態で拾ってもらって…、これは本当に運ですね。自分の人生で一番運が良かった事かもしれません(笑)。もし草薙に入れなかったら画力も当時のままで止まって、全然違う人生になっていたと思います。

ーー美術設定とはどのような仕事だったのでしょうか。

アニメやゲームに使われる背景を作成するためのデザイン画を作る仕事です。
たとえばアニメでレストランのシーンがあり、ある程度の分量を複数人で描くとします。その場所の写真がたくさんあったとして、いきなり写真を渡されて、この写真から線画を描いてといっても情報量が多すぎるんですね。人によって受け取り方も違いますので、大勢が作業すると仕上がりにもばらつきが出てしまいます。不必要な情報を間引いて整理した線画にし、背景を描く人が作業しやすいようにする。結果多くの人が描いてもばらつきが押さえられる…そのためのデザインを作ることが美術設定の仕事です。もちろん実在しない場所を考えることも多くあります。

K,Kanehira:作品3

ーーなるほど。アニメ業界は仕事が大変だという話を聞きますがどうでしたか?

会社がというよりアニメ業界そのものがブラックなので(笑)大変な話はよく聞きますが、僕はそうでもなかったです。美術設定という仕事はアニメの製作工程の前段なので、作品が重ならなければスケジュールに比較的余裕があるんですよ。後段に行けば行くほどスケジュールに余裕がないから大変になるんですが。自分の場合は徹夜とかはなかったです。
ある作品の監督が細部までこだわられる方で、何度も細かな直しが入ったことがありまして。その時は出向して監督の隣の机で作業したことはあります。描いたらすぐ見せて直しをもらうと。特に大変だったのはそのくらいでしょうか。

ーー良かったことはどうでしょう?

アニメはクレジットに名前が載るハードルが低いというのはありますが、やはり名前が出るとテンション上がりますね。美術設定の良いところは、メインスタッフ扱いになるので、オープニングに一人で名前が載ることもあるんですよ。

ーークレジットに名前が載ること、アニメ好きなら一度は憧れますね。K,Kanehira さんのように背景を目指す方に何かアドバイスのようなものはありますか?

アニメーターと背景美術はまったく別の職業で、キャラを動かす部分と背景を描く部分は完全な分業になっています。
その中で背景美術は、キャラクターは描かないものの、絵を描くことが好きなら、思っている以上にいろんなものを描く事ができる数少ない仕事だと思います。
さらに美術設定となりますと募集も少ないのですが、監督さんたちとやり取りして世界を形作れる面白い仕事だと思うので、いずれも決して楽なものではないのですが、興味があるならトライしてみて欲しいです。

K,Kanehira:作品4

作家志向なのか、商業デザイナー志向なのか、自分の方向性、できることできないことを知っておくこと。
自分を客観視することが大事。

ーーそれでは、フリーのイラストレーターとしての活動についてお聞きしたいと思います。イラストレーターとして活動を初めたのはいつ頃なんですか?

活動の始まりということですと、2006年頃、会社の先輩でイベントに出ている人がいて、やってみようかなと真似したのがきっかけです。ポストカードや自宅のプリンターで出力したA4カードなどを売ったりしていました。2009年頃から pixivにも投稿しています。

ーー会社に勤めていたころですよね。会社で絵を描いて、プライベートでも絵を描いて。と大変だったのでは?

入社したての頃は余裕がありませんでしたが、仕事に慣れてくるとたまに好きな絵を描きたい! という波がやってきまして。イベントについては、仕事ばかりだと引きこもってしまうので外に出る口実もありましたね。やってみたら意外と好評で描く量が増えました。

ーー会社に在籍している時から個人で活動はしていたんですね。フリーになるきっかけはなんだったんでしょうか。

一度転職したんですが、それが上手くいかなくて。自分の中で転職がダメだったらフリーとは考えていたので、やってみよう!となりました。
ネットの知名度が幸いして、フリーとなった時点である程度お仕事をいただけまして。あとは会社の時の取引先の方からお声がけいただいたり。やっぱり人脈、繋がりが大切ですね。

K,Kanehira:作品5

ーーフリーになって良かったことを教えてください。

良いところは、自分の興味のないこと、割に合わないことは断れることですね。会社だとやりたくない仕事でも断りにくいですから。会社時代には来なかったような種類の仕事が来たのは嬉しかったですね。

ーーでは、逆に大変だったことは?

意外と変化はないですね。美術設定が一人で完結するポジションだったので。会社に行って誰ともやりとりせず帰る日もありまして、会社に居ながらフリーランスみたいな状態だったんです。だから、これまでの延長みたいな感じで、そんなに大変だと思ったことがないですね。確定申告なども同人時代にやっていたんで。
もしかしたらこの後すごく大変な目に会うかもしれませんが(笑)。

ーーフリーのイラストレーターになりたいという人は多いと思います。そんな方にアドバイスをお願いしたいのですが、フリーとしてやっていくのに必要なことはなんでしょうか。

今の時代 Twitter や pixiv などの SNS での露出が仕事に繋がることも多いので、作品を積極的に公開して知名度を上げることは重要ですね。逆にここでイメージを下げるような言動は慎むべきです(笑)。
次に「自己管理能力」。自分のスケジュールとお金のコントロールができないとダメです。
あとは「貯金」。生々しいですが(笑)。フリーって仕事の波があるので、精神衛生的にも全然違うと思います。
個人的には一度アニメやゲームの会社に就職して経験を積んだり、人脈を作った方が良いと思います。兼業もいいですね。週何日仕事をして、残りを絵の仕事にあてるとか。収益の軸を何本か持っておくといいですね。僕の場合は、前の仕事の延長上にあるアニメ、ゲームの背景の仕事、K,Kanehira としてのイラストの仕事、同人活動と3つの軸があります。どれかダメになっても他がある、という安心感になります。

K,Kanehira:作品3

ーーイラストレーターのギャラの話が時々ネットで取り上げられて問題になったりしていますが、お金についてはどうやっていますか?

未だに手探りな部分はありますが、基本的には一日働いていくらと決めて、それをベースに計算してますね。例えば1日働いて2万円欲しいとして、5日かかる作業なら10万円となります。先方の提示額が見合わなければ交渉します。中には、あなたのPRになるから無料で絵を描いて。と言ってくるところもありますが、そういうのは受けない方がよいかと。
重要なこととして、会社員なら会社が支給してくれたものが、全て自腹になることを忘れてはいけません。電気光熱費、PCなどの備品、交通費にはじまり、完全なフリーになれば厚生年金、社会保険も自前になります。そのぶんを計算に入れないと大変な事になります。

ーーなるほど。確かにそうですね。あとはありますか?

自分の表現を大事にしたい作家志向なのか、クライアントの要望にあわせて自在に作成する商業デザイナー志向なのか、ある程度自分の方向性を知っておくこと、またできることとできないことを知っておく…でしょうか。これを意識することで、どのような仕事なら続けやすいのかという目安になりますし、自分に合わない仕事を回避することにもつながります。たとえ技術があっても、自分を客観視できなければフリーのイラストレーターとしてやっていくのは難しいと思います。ちなみに私は商業デザイナー寄りですね。

ーーK,Kanehira さんはどんな思いを持って作品を作っているのでしょうか。

僕はこういうモノが見たい。こういう場所に行きたい。という思いを表現しています。pixiv や Twitter などのコメントで「ここに行きたい」「ここに住みたい」などのコメントを貰うと、思いが伝わったようで凄くうれしいですね。

ーーそれでは最後に、K,Kanehira さんの今後の夢などお聞かせください。

僕が人物を描くとあまり評判がよくなくてですね(笑)。人物は苦手なんですが、描くことは好きなので毎日練習してまして。背景に人を入れられるようになりたいですね。キャラクターの仕事もできるようになりたいという野望があります。

K,Kanehira:作品6

ーーありがとうございました!!

編集後記

K,Kanehira さんの絵を見ると「ここに行きたい」と魅入ってしまいますよね。

インタビューでなにより驚いたのは、画力の進化です。20歳頃の画力で比べるなら、私の方が上手い! という方は多いかと思います(筆者も20歳頃の画力を比べるなら勝っているかと…)。「才能があったわけじゃない、沢山描いて描けるようになった」という言葉が印象的でした。よく「続けることが才能」と言う言葉を目にしますが、まさにそれを体現した方ではないでしょうか。誰しも心を奪われるようなイラストの裏には、並々ならぬ努力があったのかもしれません。イラストが好きでも「自分には才能がない」と思っている方、ぜひK,Kanehira さんの言葉を胸に頑張ってみてください!

K,Kanehira

K,Kanehira さんのアイコンになっていたり、絵にちょこちょこ出現するこちらのツチノコ。気になってお聞きしたところ、ある日突然頭に浮かんで住み着いたらしいです。曰く、K,Kanehira さんの描く世界では犬と猫と同じような存在とのこと。K,Kanehira さんの作品を見たら、ぜひこのツチノコも探してみてください!

クリエイターズ TOPへ戻る
ページTOPへ