Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

【注意】PSD形式ではテキスト情報は保存されません

閲覧数 566

「レイヤー情報を保存する」と言えば、PSD形式 (Photoshop の標準画像形式)だと思っていませんか? FireAlpaca を使っているのにPSD形式で保存をして、思わぬトラブルに見舞われている方をたまに見かけます。

FireAlpaca の「テキストレイヤー」は、再編集が可能ですが、FireAlpaca 標準の MDP 形式以外で保存してしまうと、テキストレイヤーの文字情報が消失してしまって、ただの「テキスト画像」になり、再編集が不可能になります。

FireAlpaca で作業する場合は、基本的に MDP 形式を使って保存しましょう。MDP形式で保存する限り、何度でも文字情報を編集できます。

図:psd形式で保存すると文字情報が消えてしまう!
図:psd形式で保存すると文字情報が消えてしまう!

保存形式についてはコチラもご覧ください。

『専用形式 (*.MDP) を使って保存しよう』

『PSDファイル形式の特徴を理解する』

『FireAlpacaで描いたイラストをSAIやCLIPで開くには』

こちらのTipsもいかがですか?