Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

PSDファイル形式の特徴を理解する

閲覧数 11423

PSDファイル形式は、Adobe社のPhotoshop の標準画像形式です。仕様 (ファイル内の構造) がどのようになっているか公開されているため、「レイヤー情報を保持したまま」 異なるグラフィックツール間での画像のやり取りに使われる事が多いです。

図:異なるツール間をPSD形式でやり取り
図:異なるツール間をPSD形式でやり取り

しかし、そのためなのか、「レイヤーを保存するなら、PSD形式」 という思い込みをしている人を多く見かけます。これは、全くおすすめできません。特に理由がないのなら、作業中はアプリケーションの専用ファイル形式を使って保存すべきです。FireAlpaca なら、*.mdp 形式です。

PSDフォーマットは、あくまで 「Photoshop に最適化された構造」になっています。FireAlpaca ほか、他のツールでの保存や読み込みで高いパフォーマンス (短い保存・読み込み時間) を発揮できる保証はありません。また、アプケーション固有の情報も保存できないため、不完全な情報しか保存できません

というわけで、結論としては、

  • Photoshop で作業している
  • 他のツールに、レイヤーつきの画像データを渡したい
  • 誰でも開けるレイヤーつきの画像データとしてWebで公開したい
  • PSDファイルと指定されている

ような場合のみ、PSDフォーマットを利用すると良いでしょう。

あわせて「FireAlpacaで描いたイラストをSAIやCLIPで開くには」もぜひご覧ください。

こちらのTipsもいかがですか?

ページTOPへ