簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

3つある「左右反転」を理解しよう

閲覧数 9919

FireAlpaca には「左右反転」が3つあります。同じ名称ですが機能が異なりますので、その違いをみていきましょう。

  • メニューバー「編集」>「左右反転」
  • メニューバー「レイヤー」>「回転」>「左右反転」
  • メニューバー「表示」>「左右反転」

ナビゲーターウィンドウの「表示反転」は「表示」>「左右反転」と同じ機能です。

図:ナビゲーターウィンドウの「左右反転」
図:ナビゲーターウィンドウの「左右反転」

では、実際に下のイラストを左右反転して、各「左右反転」の機能を理解しましょう。

図:このイラストを左右反転します
図:このイラストを左右反転します

メニューバー「編集」>「左右反転」

全てのレイヤー、データそのものを左右反転します。

図:「編集」>「左右反転」
図:「編集」>「左右反転」

メニューバー「レイヤー」>「回転」>「左右反転」

選択したレイヤーのみ、データそのものを左右反転します。他のレイヤーは反転されません。

図:「レイヤー」>「回転」>「左右反転」
図:「レイヤー」>「回転」>「左右反転」

メニューバー「表示」>「左右反転」

表示されている画像全てを左右反転しますが、あくまで表示上の左右反転なのでデータに影響はありません。レイヤーのサムネイルはそのままですね。

図:「表示」>「左右反転」
図:「表示」>「左右反転」

データを左右反転したい場合は「編集」か「レイヤー」から、イラストのチェックをしたいだけであれば「表示」もしくはナビゲーターウィンドウから左右反転をしましょう。

「左右反転」を使ってデッサン崩れを簡単にチェックできます。コチラの記事をご覧ください。

「左右反転を使ってデッサン崩れをチェック!」

こちらのTipsもいかがですか?