Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

通過レイヤーと通常レイヤーの違い

閲覧数 17952

レイヤーフォルダには、「通過」 という固有のブレンドモードがあります。

FireAlpaca のレイヤーフォルダのデフォルトのモードは「通過」です。

図:フォルダのデフォルトは「通過」であり、「通常」ではない
図:フォルダのデフォルトは「通過」であり、「通常」ではない

さて、通過とはどういうブレンドモードなのでしょうか? それには、レイヤーフォルダの仕組みを理解する必要があります。

ご存知の通り、レイヤーフォルダは、フォルダ内に複数のレイヤーをまとめて管理できる機能です。

もし、レイヤーが属しているフォルダが「通常」や「乗算」(「通過」 以外) だと、各レイヤーのブレンドモードを使ってフォルダに合成した後、フォルダのブレンドモードでキャンバスに合成されます。

一方、レイヤーが属しているフォルダが「通過」の場合、フォルダに合成されることなく、直接キャンバスにレイヤーのブレンドモードを使って合成されます。フォルダが「通過」の場合は、単に複数のレイヤーをまとめているだけ、といった感じです。

「フォルダに対してクリッピングできない」 という報告を受けることがありますが、これは通過レイヤーが用いられているからであり、下のフォルダ(クリッピング先のフォルダ)が「通過以外」 になっていればクリッピングが可能です

図:通過フォルダ内は直接キャンバスに合成されるので、クリッピングできない
図:通過フォルダ内は直接キャンバスに合成されるので、クリッピングできない

大事なことなので、最後に復習です。

「通過以外のフォルダ」 に含まれたレイヤーは、各レイヤーの合成モードを用いてフォルダに描画された上で、フォルダの合成モードを使ってキャンバスに合成されます。

通過フォルダ」 に含まれたレイヤーは、各レイヤーの合成モードを用いて、直接キャンバスに合成されます。

こちらのTipsもいかがですか?

ページTOPへ