Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

色んな形状で消しゴムをかけたい

閲覧数 12624

FireAlpaca では、自由なブラシ形状 (円以外の形状) で消しゴム処理をすることができます。たとえば、プリセットとして 「とげ」 というトゲトゲのブラシがありますが、このブラシを使って消しゴム処理をしてみましょう。

図:とげブラシで消しゴム処理をしてみよう
図:とげブラシで消しゴム処理をしてみよう

方法は二つあります。

1. カラーウィンドウの「透明色」を使う方法

カラーウィンドウをご覧ください。ウィンドウ左上に (前景色と背景色の) 四角形が前後に重なっているアイコンがあります。その右に市松模様のアイコンがあると思います。こちらをクリックしてみてください。これが 「透明色ブラシ」 モードを有効にするアイコンです。

図:「透明色」がアクティブになっているカラーウィンドウ
図:「透明色」がアクティブになっているカラーウィンドウ

透明色ブラシモードですと、現在のブラシ形状を使って、消しゴム処理が行えます。

図:とげブラシで消しゴム処理 (青い矩形を削っている)
図:とげブラシで消しゴム処理 (青い矩形を削っている)

2. Zキーを押しながら描画する方法

また、キーボードを使えば、カラーウィンドウに触れなくても一時的に透明色ブラシ (消しゴム) モードにすることができます。Zキーを押しっぱなしにしながら、ブラシ描画してみてください。

大変便利な機能なので、Zキーでの消しゴム、オススメです。

透明色ブラシから、普通のブラシに戻すには?

カラーウィンドウの、前景色・背景色のアイコンをクリックしてください。

図:透明色ブラシから、普通のブラシに戻す方法
図:透明色ブラシから、普通のブラシに戻す方法

こちらのTipsもいかがですか?