Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

背景色とレイヤー合成の仕組み

閲覧数 9325

FireAlpaca は、キャンバスの 「背景色」 を指定することができます。

背景色は、キャンバスにレイヤーを合成する前に、「キャンバスをどんな色で初期化するか」 を指定するものです。「透明色」 と 「カラー(RGB)」 を選ぶことができます。

図:背景色とは、レイヤーの合成前のキャンバスの初期化方法
図:背景色とは、レイヤーの合成前のキャンバスの初期化方法

(1)「透明色」 の場合

キャンバスを透明色で塗りつぶした後、下のレイヤーから順番にキャンバスに合成していきます。

覚えておきたいのは(他の一般的なペイントツールでも同様です)、「透明なキャンバスに対しては、レイヤーのブレンドモードは適用されない」 ということです。例えば加算・発光やスクリーンなどの、明るくなるブレンドモードでも、透明なキャンバスに合成される場合、レイヤーの元の色がそのまま反映されます。

図:透明なキャンバスと、レイヤーが存在する箇所で、合成結果が違う
図:透明なキャンバスと、レイヤーが存在する箇所で、合成結果が違う

(2)「カラー(RGB)」 を指定した場合

指定したRGBカラーでキャンバスを塗りつぶした後、下のレイヤーから順番にキャンバスに合成していきます。キャンバスは不透明なRGBカラーで塗りつぶされているので、透明色のキャンバスとは違い、ブレンドモードも反映されます。

こちらのTipsもいかがですか?