Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

ペンの筆圧を設定しよう

閲覧数 46695

「線の強弱を自分好みに設定したい」「一定の太さの線がひきたい」「筆圧がきかない」などの場合はペンの設定を確認、編集しましょう。

ペンの設定を編集する

「ブラシウィンドウ」にある編集したいブラシをダブルクリックすると「ブラシ編集」が立ち上がります。

図:ブラシをダブルクリックでブラシ編集を開く
図:ブラシをダブルクリックでブラシ編集を開く

筆圧に関する項目は下記になります。

図:筆圧を調整!
図:筆圧を調整!

最小幅:

線の最小幅を設定する項目。0が1番筆圧を感知し、100だと筆圧による線の強弱がなくなります。

図:最小幅0、50、100の場合
図:最小幅0、50、100の場合

筆圧サイズ:

チェックを外すと問答無用で筆圧をとりません。もし「筆圧がきかないんですけどー」という時はここもチェックしましょう。

強制入り抜き:

チェックすると線の始点と終点に強制的に入り抜きをあたえます。ここにチェックを入れると、たとえマウスで描いても線の入り抜きが入ります。ソフトが計算して入り抜きをあたえるため、若干線がもたつきますのでご注意を。

イラストによって筆圧を使い分ける

一般的なイラストには線の強弱があります。線によってはイラストのイメージが変わる場合もありますので、自分のイラストにあった線を見つけることが大切です。

図:線の強弱によって割とイメージが変わる!
図:線の強弱によって割とイメージが変わる!

こちらのTipsもいかがですか?

ページTOPへ