Language : English / Japanese

簡単解説でよく分かる。ペイントツールFIreAlpaca、CGイラスト全般の総合描き方情報サイト

スクリーンショットを撮ろう

閲覧数 802

画面の一部や全体を画像として保存する「スクリーンショット」。Twitter などで作業環境を公開すると、フォロアーと話が弾むことがありますよね。

WindowsとMacでのスクリーンショットの撮り方と、FireAlpaca への取り込み方をまとめました。

<Windowsの場合>

Print Screenキーを押します(クリップボードにスクリーンキャプチャが保存されます)。

特定のウィンドウのキャプチャを撮りたい場合は、そのウィンドウをアクティブにして、Altキーを押しながらPrint Screenキーを押します

図:Print Screenキーでスクリーンショット
図:Print Screenキーでスクリーンショット

FireAlpacaを立ち上げ、ファイルメニューから「クリップボードから新規作成」を選びます。「ファイル」の「書き出し」メニューを使うと、画像を縮小しながら保存できたりと便利です。

図:FireAlpacaに貼り付け
図:FireAlpacaに貼り付け

<Macの場合>

command + shift + 3

「command + shift + 3」でモニタ全体をキャプチャします(ショートカットがちょっと複雑です...)。

command + shift + 4

「command + shift + 4」を押すとカーソルが変わりキャプチャする範囲を選択します。

この時「スペースキー」を押すとアイコンがカメラに変わり、選択したウィンドウのみをキャプチャします。

図:「command + shift」と3、4でキャプチャ
図:「command + shift」と3、4でキャプチャ

Mac はスクリーンショットを撮るとデスクトップ上に png画像として保存されます。FireAlpacaで編集したい時はこのデスクトップに保存された png画像を開きます。

図:デスクトップにpng画像ができる
図:デスクトップにpng画像ができる

何かと便利なスクリーンショット。ぜひ活用しましょう!

こちらのTipsもいかがですか?